アメリカの年金制度

昨日書いたように、アメリカにいる日本人は日本の国民年金の積み立ては免除されているが、受けとる権利は残っている。 加えてアメリカにいる場合はアメリカの年金の恩恵を受けることも可能だ。

一つめはSocial Security(ソーシャルセキュリティー)といわれるもので、年金としてよりアメリカ人の国民ID であるSocial Security Number(ソーシャルセキュリティーナンバー)として有名だろう。

アメリカでもソーシャルセキュリティはうまくいっていないようだ。 少なくとも外国人(アメリカ市民でない、グリーンカード保持者)にまで Social Security の支給いがあることはまずないと言われている。 もしかすると、破綻する可能性もあるというのが一般的な見方だ。

二つめが最近日本でも一部の企業が導入しはじめた 401K という制度。 乱暴にいってしまえば、投資信託のような金融商品を税金を優遇して買えるようにする制度。

会社の福利厚生の一貫なので、選べる金融商品の種類とか、会社が何パーセントか補助してくれるかなど、バリエーションがいろいろあるが、基本的にどの金融商品に、いくら払っていくかは自分が決める。 もちろんやらないというのもあり。 アメリカではこれが一般的な年金制度になる。

三っつめが、働いていない人向けの401Kともいうべき IRA というもの。 401Kは福利厚生ということもあり会社で働いていないと参加できないが、IRA は働いていなくてもできる。 ただし、いまのところ年間$3,000 までという制限がある。 もちろん、やらなくてもいいが税金的に優遇されることもあり、税金対策も兼ねてやっている人は結構多い。

アメリカでは年金の支払いは59.5歳から。 401KやIRAはその前に引きだすことも可能だが、そうすると優遇されていた税金を払わなくてはいけないなど、何らかのペナルティがある。

国が何らかのしくみを用意するのではなく、一般の投資会社の金融商品を税制を優遇することで参加を促すというしくみでやっているのは結構合理的だと思う。

こういった仕組みから、ファイナンシャルプランナーと呼ばれるプロが老後などを目標に毎月どれくらい投資すべきかプランを立ててアドバイスをするというのも一般的だ。 日本の厚生年金が企業の首をしめているという話をよく聞くので、日本もいずれこのような方式になっていくのではないだろうか。


Leave a comment ?

14 Comments.

  1. 本記事の中で若干気になる記述がありましたので、コメントさせて頂きます。「少なくとも外国人(アメリカ市民でない、グリーンカード保持者)にまで Social Security の支給いがあることはまずないと言われている。 もしかすると、破綻する可能性もあるというのが一般的な見方だ。」確かに、破綻する可能性は十分あると思いますが、少なくとも、現時点では、外国人であっても、グリーンカードあるいは法的に有効なVISAを所有していれば、Social Security はちゃんと支払われます。
    現に、グリーンカード保持者で受け取っている知人を知っていますし、私自身もグリーンカード保持者で、12年間税金を収め、65才から(5年後)Social Security を貰う予定です。Social Security office から知らせて来た予定受領額は約$1500/月です。
    下記URLも参考になると思います。
    http://www.cityac.com/america/index.html
    サンノゼ,CAにて、
    田野邦雄

  2. 指摘ありがとうございます。 言葉足らずでした。
    私も現時点ではResident扱いの外国人にも支払われていることは認識しています。
    自分が受けとる時期になる30年ほど後には、外国人に払われない可能性が高いと言われている。
    という形に訂正したいと思います。

  3. 突然の質問で申し訳ございません
    。誰に尋ねていいのやら悩んでおります。うちの主人は、在米二十五年でしたが、三年前、日本に帰り私たち家族で暮らしております。当然、socialsecurityも支払っておりました。もうグリーンカードの権利も消えうせていると、思いますが、こんな主人がアメリカの年金お受け取ることは、できるのでしょうか?どなたかご存知でしたらお教えください。お願いします。

  4. SS受給資格はたしか10年以上 SS年金を払うことだったと思います。ただ、現在の居住地やステータスが影響するかまでは書いてないようなのでわかりません。
    SS のサイトを見てみたらアンケート形式で受給資格がチェックできたり、実際の応募もできるようなのでそちらを試してみることをおすすめします。
    http://www.ssa.gov/r&m2.htm

  5. この度アメリカに移住します。アメリカの年金の事とか、保険の事とか、今色々調べ始めたところです。日本では税金と国民年金は別物として支払いますが、アメリカでは全部ひとつにまとめて年払するというシステムなのでしょうか?何も知らなくてお恥ずかしいですが教えて下さい。

  6. アメリカでも税金と年金は別に支払います。
    401K, IRA といった個人が任意で行う年金の中には税金の控除を受けられるものもあるので、確定申告の時にいくら支払ったかを書く場合があります。あくまで申請するだけで確定申告の時点で年金を支払うことはありません。
    実際の支払いですが、私は普通に会社で働いていることもあって、国民年金にあたる Social Security の積み立てと 401K は給料からの天引きになっています。IRAに関しては、口座を開いた後は、いつ、いくら(年間$3,000まで)入金するかは個人の自由になっています。
    私はこういった情報のプロではないので、これ以外の場合どうなるかということは申し訳ないですがわかりません。 具体的なことは渡米後、実際に始められる場合に担当者に確認されるとよいと思います。

  7. 主人がアメリカへ海外就職をします。全て0からのスタートなので日本の年金を支払い続けるのか、それとも免除を受けるのか迷っています。今のところは5年後ぐらいには帰国したいと考えています。アドバイスお願いします

  8. 毎年自分たちもどうしようかと悩んでいるぐらいで、アドバイスできるような立場ではないのですが…。
    - アメリカでお金を稼ぐとソーシャルセキュリティ年金(SS年金)は必ず払わなければいけない。
    - SS年金は10年以上払っていないと老後に年金として受けとれない
    - 日本の年金は払わなくても違法ではないが、その分貰える額は少なくなる
    といった事実を並べて(他にもあるかもしれません)、自分たちの価値観でどうするか决めてもらうしかないと思います。どっちがイイとかトクかは私にもわかりません。
    また、5年以内で日本に戻る予定なら、「日米社会保障協定」による恩恵を受けられるかもしれません。 まだ始まっていない制度なので、最終的にどうなるかわかりませんが、情報として覚えていても損はないかと思います。
    http://japan.usembassy.gov/j/p/tpj-20040220-51.html
    http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/treaty/treaty159_18.html

  9. こんにちは。アメリカの年金制度について質問です。1年半ほどパートの仕事をアメリカでしていましたが、その際、TAXとMEDICAREを毎月給料から引かれていました。MEDICAREの方は年金らしいのですが、こちらの方は支払った分いずれは年金をもらえるときに戻ってくるのでしょうか?あと仕事をしていない人は年金はもらえないのですか?旦那の扶養としては年金には加入できないのでしょうか?日本の年金制度と混乱してしまってよくわかりません。教えてください。ちなみにグリーンカード保持者です。

  10. 申しわけありませんが、少し混みいった状況になると私では返答できません。(私は、ただの技術者で特にこの分野に詳しいというわけではありません。)
    年金は基本的に10年以上、本人または配偶者が年金を払う必要があるはずです。 なので旦那さんが支払っていれば大丈夫だと思いますが、一部自分で払った分などの扱いについてはわかりません。
    以前も紹介しましたが、以下のサイトに詳しい情報および、自分が年金を貰えるかどうか調べるテストへのリンクがのっていますのでそちらを参照することをおすすめします。
    http://www.ssa.gov/r&m2.htm

  11. 主人の転勤の時アメリカで生まれて22歳になる娘がおりますが、二重国籍のまま、アメリカの年金を支払って将来もらえることは、できるでしょうか?今は日本に住んでおりますが、来年アメリカ系企業に就職する予定ですが、日本採用です。(ssナンバーももっております。) よろしくお願いいたします。

  12. よろしくお願いされても….ちょっと困ってしまいます。 何度も書いてますように私は専門家ではありません。個人で知っている範囲で書いているだけなので、間違った情報もあると思います。 この情報をきっかけにして、御自分でIRSのウェブサイトなどを使って確認されることをおすすめします。
    これまでも書いてますが、Social Security年金の基本は自分か、配偶者が掛金を10年以上納めることが必要なはずです。 いわゆる外資系の会社でも日本採用だとSS年金を納めてくれることはないと思うので、海外在住のため免除されているかどうかを確認し、されていないようなら Tax Filing 時に納めたりするなどして、掛金を支払う必要があるんじゃないかと思います。 (その前に、二重国籍の方が問題のような気もしますが…)
    ひとつまえのコメントにも書きましたが、自分が年金を貰えるかどうか調べるサービスがIRSのサイトにありますので、まずはそちらを参照することをおすすめします。
    http://www.ssa.gov/r&m2.htm

  13. 訂正: IRSのサイトじゃなくて、SSAのサイトですね。

  14. グリーンカード保持者です。年金はいつも不安におもっています。 二重国籍をとっても今現在は罰則がないので大丈夫という人もいますがとっても怖くてできません。 今は否応なくMEDICAREなども払っていますが帰国の際払い戻しは可能なのでしょうか? 現在44歳、日本にいたのなら介護保険など払っていなければいけないものを全く払っていません。また、これから後追い払いで払い込めるのでしょうか? Socialseculityは2006年からUSで積み立てても日本の年金に移せることになったんですよね? でも日本の年金もかなり怪しいし、かける年数が10年から25年になるのに需給金額は悪くなるとは本当でしょうか? もしそうならそのUSでの掛け金を本人に返金してはもらえないのかしら。。

Leave a Comment

NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>