検証! iTunes 音楽プレゼント クジで当たりを引く方法

Pepsi has stated they believe they will have to pay for about 1/3 of the 100 million songs it’s giving away. That means 2/3 of the people that win don’t care about iTunes. So I say, let’s let them have the unlucky caps. They weren’t going to cash them in anyway.
(ペプシはこのクジで、1億曲のうちの1/3が実際に購入されると思っていると語っている。 つまり当たった人の2/3はiTunesに関心のない人だと思っている。 じゃ、そいつらに外れクジを引かせてやれ。 どっちにしても曲をダウンロードしないんだから。)

iTunes Music Store でやってるペプシを買うと1曲当たるクジ。 先日、上のMacMercの記事をソースとしてクジが破られたということがニュースでも報じられた (CNet)。 原理は簡単なことで、ペットボトルの斜め下あたりから、あたりかはずれかが書いてある蓋の裏側が見られるので、それで判断できるというものだった。 (実際は当たりは判断しにくいので、外れた場合に表示される “PLAY AGAIN” の AGAIN の文字が見えるかどうかで判断する。)

何だか面白そうだったので、お店へ行って見つけたとき試してみたが全然うまくいかなかった。

なぜかと言うと、

露が付いて見えなくなるから。
普段1本売りのペプシは冷蔵庫に入っているので、外に出したとたん横の部分に露が付いて蓋の裏が見えなくなる。 冷蔵庫に置いてないモノは未だにiTunesキャンペーン以前のものだったし6本パックだったりするので、当たりだけを買うことはできない。 こうなると、蓋の裏側を見えるようにするために、頻繁に指を使ってボトルの上の部分を拭いたりしないといけない。

でもって、とりあえず1本買って家で試してみたんだけど、これがまた結構難しい。
冷えてないボトルを見るとこんな感じになる。 露が付いてないので見やすくはなったが、蓋の裏側はやっぱり暗いので文字が見えにくい。

暗いので、横からライトで照らしたらやっと見られた。 “AGAIN”の文字。 あーあ、外れじゃん。

精一杯の写真が下。 うっすらと AGAIN と書いてあるのがわかるだろうか? (写真はクリックで拡大する) ただでさえペットボトルで屈折が変わることもあって、MacMerc の写真のようにくっきりと見えるアングルなんか見つからなかった。 それだけ技術がいるということとも言える。

MacMerc の記事にも書いてあるが、一度、いくつか買って自分で試した方がいい。 けど、この記事が出て、回収騒ぎにならなかったことからも、古典的で単純なハックだが有効性はイマイチのようだ。 その後、こうやって見えるものだと意識しながら見ることでだんだん短時間でわかるようにはなったが、実際自分でこうやって試した後では、お店でこれができる人は、我慢強いというか、まわりの目を気にしない人ではないかと思う。


5 thoughts on “検証! iTunes 音楽プレゼント クジで当たりを引く方法”

  1. ワタクシもこのネタがNet上に流れたとき以来、ペプシを探してますが、缶タイプしか近くになく、まだ店舗では試してません。つーか、日本でこのキャンペーンやってんの?

  2. 自分は何度か店先でこのテクニックを試しましたが、成功率100%でした。うちの近くのスーパーでは、単品が冷蔵庫でなく、冷蔵オープンラック?みたいのに入ってるから曇らないのかもしれません。
    そもそも単品売りのペプシなんて、大手スーパーではほとんど売れないのが、このキャンペーンのボトルは結構売れてるみたいなので、(利幅が大きいであろう)単品を買ってくれるだけ、多少のぞかれても、お店は嬉しいのではないかと思ってます。

  3. 確かにこれが無かったらペプシ買うことも無かっただけにマーケティング的には成功してるかもしれない。
    この記事書いて以来まだやってないけど、まだサクっと当てられる自信はないなぁ。 となると周りの視線が恐い…。 ペットボトルの冷蔵庫はレジの手前に置いてあることが多いし。

  4. おもしろすぎ。日本でも同じようなコネタあったらトラックバックして書こうっと。
    岐阜は寒い!!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.